POSITISM

適度に適当に。

09« 2017.10 »11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

スポンサーサイト


スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ガンリキ2の巻


エッセイ

いつか出来るようになりたいと願っていたことがあって
気が付いたら、それが出来るようになっていたみたいです。

いつかは絶対に見えるはず


 昨日から雨が降り続いていて、今朝はもう明け方ごろからザーザー降り。例えそんな天気だろうと、公共交通機関さえ動いていれば、仕事には行かなければならないのがサラリーマンという一流の企業戦士。ですから私は颯爽と出かける準備を整え、折りたたみの傘をしっかり抱えて、いざ雨の中へ! と飛び出したんです。
 今愛用している靴はずいぶんすり減ってしまっていて、すり減ったと言うか、靴裏のかかと部分は少し穴が開いているぐらいなので、なるべくかかとで水たまりを踏まないように注意して歩き出したんです。ところが一歩、二歩、三歩とたったそれだけ進んだ時点で足の裏が冷たーくなったんです。おいおい、かかとでは踏んでないぞ? と靴裏を見たらですね、なんと靴裏の真ん中から靴下が見えたんです。靴裏を見ているはずなのに靴下が見える。なるほど、これが透視能力か。(違う)



最寄り駅到着時に太ももから下はビッショビショに。
職場に到着時には、濡れてた箇所はもうグジュグジュ。
まだグジュグジュの靴を帰りにも履くのかと思うと……。

COMMENT


FC2Ad

  [D]esigned by 218*
Copyright c POSITISM All Rights Reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。