POSITISM

適度に適当に。

09« 2017.10 »11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

スポンサーサイト


スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

マスクの巻


エッセイ

自分が子供の頃は、給食当番のときぐらいしか装着しなかったマスク。
今じゃそんなに珍しい姿ではなくなりましたよね。

給食当番でないことだけは確実


 今朝、眠い目をこすりこすり、こすりすぎてまつ毛が数本抜けながらも、他人の幸せを祈る仕事に出掛けたんです。通勤時間は片道二時間ちょっとなので、そんなにテンションも上がらないまま最寄り駅まで歩いていたら、高校生の集団とすれ違いました。これから酸いも甘いも知っていくのだな、などとおっちゃん思考全開に。そして再び最寄り駅を目指していると、今度は一人の高校生男子が歩いてきたんです。よくよく見るとマスクを装着していたので、風邪のひき始めかな? とほんの少し心配してみてたんですが、かなり近付いてきたところで、彼はいきなりマスクを顎の下へとずらし、片手で口元を抑えながら咳き込んだんです。ゴッホゴホ! ゴッホゴホ! と何度か繰り返したあとに、またマスクを装着してました。それは何マスクだよ! ? と思った春の朝。



季節の変わり目なので風邪、それから花粉と
要因はいろいろですが、装着時は正しい装着方法を守って
マスクを装着しましょう。

COMMENT


FC2Ad

  [D]esigned by 218*
Copyright c POSITISM All Rights Reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。