POSITISM

適度に適当に。

07« 2017.08 »09
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

スポンサーサイト


スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

FARFALLA - 15 -


ハコニワノベル

「テラちゃん、いらっしゃい。いつもの?」
「ううん、今日はホットで紅茶を下さい」
「紅茶ね、かしこまりました」

 日々の生活は変わらない。毎日カンクロとペーシに付きまとわれながら学校に行き、退屈な授業を受けて、帰りにこうしてヴェルネさんの喫茶店へ寄る。たまにカプリコルさんのお見舞いに行くぐらいで、毎日はそうして流れていく。心躍るような事件もなく、退屈な平和が続いていく。ミツルが飛び出してから二年が過ぎ去っていた。

「はい紅茶、お待たせ」
「ありがと」
「そう言えばテラちゃんは、学校を出てからどうするか決めた?」
「えー、ヴェルネさんまで学校の先生みたいなこと聞くわけ?」
「ちょっと興味があるだけよ。で、どうするとか決めたの?」
「うーん、一応ね」
「へぇ。それはなに?」
「これだけはヴェルネさんでも教えないよーだ」
「あら、残念」

 もうじき学校と呼ばれる教育期間も終わりを告げる。フィオーレでは学校を終えると、なりたいものになれる。お金と呼ばれるものが無い世界で働く事は、強制ではなく日々を楽しく過ごすための趣味だ。誰もが自分のしたいことをしたいようにする。そんな悠々自適な毎日だ。もちろん、リベルラが定めているルールから外れることは出来ないけれど。
 ヴェルネさんの喫茶店の帰りにカプリコルさんの病室へお見舞いに行ったけれど、カプリコルさんは丁度眠っていたので、そっと扉を閉じた。病院の中はあまり人がいない。徹底管理されたフィオーレで、入院しなければならないような状況には、ほとんどならないらしい。カプリコルさんはずっとリベルラの管理を掻い潜って生活を続けていたため、こんなにも入院してしまう状況になってしまったらしい。

「姉さん!」

 病院を出たところでカンクロに呼び止められた。

「もう、その呼び方辞めなさいよ」
「姉さん!それどころじゃないんですよ!」
「何よ、あんた達に付きまとわれるのは学校だけで十分なんだけど?」
「いや、ほんとにそれどころじゃないんですよ、テラさん!」
「ペーシまで何なのよ、いったい?」



『変な宇宙船がフィオーレに着陸したらしいんです!』



「変?」
「リベルラのガードが固くて良くは解らないんですけど、ピカピカ無駄に光ってるらしいです」
「もしかしたら人類以外の宇宙人が乗ってるんじゃないか、とかも言ってました」
「そ、それってさ……」
「リベルラの社員がピリピリして走り回ってやがるから、ただ事じゃないですよ」
「今なら混乱に紛れて潜り込めるんじゃないでしょうか?」
「あんた達……」
「姉さん!」
「テラさん!」
「カンクロ! ペーシ! 案内しなさい、行くわよ!」



『了解!』




≪14へ
16へ≫

COMMENT


FC2Ad

  [D]esigned by 218*
Copyright c POSITISM All Rights Reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。