POSITISM

適度に適当に。

09« 2017.10 »11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

スポンサーサイト


スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

FARFALLA - 11 -


ハコニワノベル

 目が覚めると廊下で眠ったせいで身体が痛かった。テラはまだ眠っていて、なぜかその姿を見ているとドキドキした。テラが眠っているうちに朝食を頼む。今朝もヴェルネさんじゃない社員が応対してくれた。朝食が届いてからテラを起す。

「テラ、起きて。ねぇ、起きてってば」
「……ふぇ? あたし? あたしが女王なの?」
「なに寝ぼけてるんだよ」
「あたしが、学園祭の女王? まぁ、この可愛さなら仕方な……あれ?」
「あはは。おはようテラ」
「お、おはよう」

 二人前頼んだサンドウィッチを食べてから、僕達は家を出た。まだ時間が早いからなのか、誰も外に出ていない。リベルラの社員がいるかどうかを少しだけ警戒しながら、僕達は倉庫エリアに辿り着いた。
 いつもの倉庫の中に入り、ロケットがそこにない事を確認する。立て付けの悪いロッカーの中に、スペースジャケットが二着入っていた。エアタンクも二つある。カプリコルさんが準備してくれたのだろう。テラとそれを身に付ける。
 第三カタパルトの位置を確認し、倉庫の奥の分厚い扉を三度越え、不安定な浮遊感を感じたその瞬間、僕達に沢山のサーチライトが浴びせられた。それとほぼ同時にスペースジャケットの通信が入る。

「やはり旧八番ゲートでしたか」
「誰?」
「私はリベルラ社の社長、ウラーノと申しますよ、XB03026君」
「なんでここに……」
「別に君には用はありません。隣にいるレディに用があるんです」
「私はあんたに用なんてないけど?」
「あなたに用がなくとも、こちらには大有りなんですよ。このフィオーレはリベルラ社……いや、この私が管理しているおかげで、常に平和を保っているのです。誰も何も不安に感じることもなく、くだらない争いのない完全なる平和。それを維持していくためには、不変でなくてはならないのです。何者も外に出ず、何者も中に入れず。それがこのフィオーレの掟。だからあなたのような存在は困るのですよ。だから、誰にも知られる前に、大人しく処分されてくださいね」

 サーチライトの中央に映る影は坦々とそう言うと、腕を上げて前に振り下ろした。それを合図にリベルラの社員がじりじりと迫ってくる。とっさに部屋の奥にある三重の扉へ移動して、キーロック解除を試みた。しかし解除できない。

「旧八番ゲートは封鎖させて頂きましたよ。逃げ場はありません。観念しなさい」

 何度キーロックを解除しようと思っても解除できない。きっとパスワードを変えられてしまったのだろう。そうこうするうちにロックを解除できない扉を背に、完全に取り囲まれてしまった。

「んもー、めんどくさいなぁ!」
「テラ? もしかしてさ……」
「ラリアット」

 そう言い終ったかと思うと、取り囲んでいたリベルラの社員が吹き飛んでいく。浮遊状態だとそれは見事なほど吹き飛んでいった。気が付くとリベルラの社員は、全員反対側の壁にぶつかって山積みのようになってしまっていた。

「乱暴なレディですねぇ。なるほど、あなたはチキュージンですね?」
「それが何よ。心配しなくてもあんたも同じように吹き飛ばしてあげるわ!」
「おぉ、怖い怖い。でも、それは辞めておいた方がいいですね」
「そうやって人を見下してると、痛い目みるわよ」
「ははは。見下す? バカを言わないでください。見下してなんかいません。ただ、この私がこのフィオーレで絶対の存在だと言うだけですよ。誰もが知らないうちに私によって管理される。そしてそれが人類の最大の幸せなのです。それを脅かす存在は処分しなくていけないのですよ」
「そう言うのを見下すって言うのよ!」

 テラが物凄いスピードでウラーノ目掛けて突進していく。ウラーノはそれをヒョイと避けた。バランスを失ったテラはサーチライトに突っ込んでしまった。吹き飛ばされたサーチライトの一つがウラーノを照らし出す。

「もういっちょ!」

 照らし出されたウラーノに突進するテラ。ラリアットがウラーノに当たった。確かに当たったはずだ。それなのに、ウラーノは微動だにしない。ウラーノは驚いているテラのスペースジャケットの胸倉を掴むと、そのままテラを持ち上げてこう言った。

「私もね、チキュージンってやつですよ」




≪10へ
12へ≫

COMMENT


FC2Ad

  [D]esigned by 218*
Copyright c POSITISM All Rights Reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。