POSITISM

適度に適当に。

09« 2017.10 »11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

スポンサーサイト


スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ある、サクラの季節 - 01:桜並木の坂の上 -


ハコニワノベル

 それは、春のことだった。
 桜並木のゆるやかな坂道が鮮やかに彩られ、真新しい制服に身を包んだ新入生がその坂道を上っている。その先に見えるのは桜花坂高等学校。
 ──本日、桜花坂高等学校の入学式。

「続きまして一年三組。担任、志野山先生」

「一年三組。青田夏芽」

「はい」

「赤木智津子」

「はーい」

「磯貝茂」

「はい!」

「門脇瑠伊」

「はぁい」

「北島弘之」

「ぁ、はい」

 ──しんと静まり返った体育館に、新任の教師の声が響いていく。その声に返事をする声も初々しい。名前を呼ばれた者は返事をし、起立していく。それぞれがそれぞれの想いを秘めながら、それぞれの声が響いていく。
 呼ばれては返事をして起立。呼ばれては返事をして起立。春に生える新芽のように、それは続々と伸びていくような若々しさを残している。呼ばれては返事をして起立。呼ばれては──。

「瀬川透」

「はいっ」

「大河志津」

「はい」

「中西美知恵」

「はい」

「早川琉々」

「………んぁ?…っはい!」

「春野ひなた」

「はい!」

「馬子大介」

「は、はい!」

「真崎拓郎」

「はい!」

「丸井鈴音」

「…はい」

「南野奈津」

「はい」

「武藤有紀」

「は…は、はひぃ!」

 ──ぴんとした緊張感の中で、その一瞬に笑いが生まれようとしている。緊迫した空気を突き破るかのような雰囲気を必死に押さえながら、それでも入学式は続いていく。

「…山口ともこ」

「っ……、はい」

「渡瀬香」

「はーい」

「以上、男子十六名、女子十六名。合計三十二名」

「続きまして、一年四組…」

 入学式は粛々と進む。吹き抜ける風は坂道を桜色に染めていく。真新しい季節は色鮮やかに始まりを迎えた。




02:一番目と二番目へ≫

COMMENT

>とも

わかってるってばぁーーー(* ̄∇ ̄*)

ちょwwwwRUTY!!
山口ともこは、あーたーしーだーよ!!(笑)
ねっ、志野山せんせ♪

登場人物多っ!

今回は学園モノですか。楽しみですね♪しかし上手い事名前考えてますなー。どんなキャラになるんだろ…。

いくら私が山口智子にそっくりだからって照れるわぁ(〃∇〃)

ちなみに昨日はZARDの坂井泉水に似てるって
言われたんだけど仕方ないわね(笑)

志野山せんせ♪
楽しみだなぁ(*´ω`*)

消去法とキャラ的に考えて!!

るどは「早川琉々」だと思います!!!(何の宣言w)


待ってました★
どんな物語になるのか楽しみです

FC2Ad

  [D]esigned by 218*
Copyright c POSITISM All Rights Reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。