POSITISM

適度に適当に。

07« 2017.08 »09
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

スポンサーサイト


スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

気を付けないとね


エッセイ

手に入れたつもりでいても、実際は危うく手のひらに乗っかっているだけだったりする。
なーんて、言葉で綺麗にしてしまったけれど、そういう話。


無事、帰省完了!


寒かった。
とりあえず第一声は間違いないと思う。
なんせ、室温が暖房を付けている状態で氷点下。
積雪は60センチぐらいになってたと思う。

出発前日にあーさんが39度の発熱。
一時は私だけが帰省するプランも考えられました。
が、翌日薬が効いたのと、あーさん本人の希望で無理をさせつつも
家族全員での帰省になりました。

バスは15分程度の遅れで済み
その後も順調に実家へと到着して
翌日の七回忌も滞りなく終了しました。

あーさんもちぃさんも大雪の中元気に遊んでました。
雪だるまを作ったり、雪を食べたり…(美味しいよ!)



落下事故


あーさんが落ちた。
実家にある十段ほどの階段の一番上から。
ものすごい音と振動がして
その後で、強烈な泣き声。

私の姉が傍にいたのだけれど
一瞬の出来事だったのでどうにもできず
私が駆けつけたときに、あーさんはパニック状態で
すべてを否定し続けながら泣いてました。

とにかく抱っこして
あーさんの言うすべてを肯定して
二時間近くかかって、ようやく落ち着いたあーさん。

外傷や、骨(骨折)などがないかを確認。
右足に小さなアザ1つ、おなかにも小さなアザ1つ。
その他、外傷なし。
頭に陥没箇所もなし。

あーさん本人に痛い場所はないかを聞いたけれど
「大丈夫、痛くない」とのしっかりとした返事。

ほんと心配したけれど、大丈夫でした。


で、私の姉も幼いときに
この階段の一番上から落下しているという事実。
そのときも、目立った外傷はなく無事だった。

子供の身体の柔らかさと
古い日本家屋の柔らかさとで
ケガはしにくいのかもしれないなぁ、とか思ったのでした。

ともかく、無事でなによりだ。



会話をするということ


今回の帰省で一番しんどかったのは他でもない嫁。
帰省の準備から何からすべてを嫁に任せっきりになっていたこと
夫の実家だと心休まるタイミングがないことなど
いろいろと私の配慮が足りなかった点がチラホラ。

家に帰ってからお互いに何が悪かったのか
また繰り返さないためにどうすべきかを、きちんと話し合いました。

解っている【つもり】でいると
意外と何も解っていなかったり、見えなくなることが多々ある。
【大丈夫なつもり】で安易に考えていると
指の間から簡単にこぼれてしまう。

こぼれてしまってから悔やむことが、なるべくなくなるように
気を付けないとね。




ほんと、あーさんが無事でよかった……

テーマ:日々のできごと
ジャンル:ライフ

COMMENT

●阿比留さん

無事で良かったです。ほんと。

てか

>(正確には『すっぱまーん』と、飛び降りた。←樋で止まるはずだった。)

アグレッシヴだなぁ(笑)
阿比留さんも無事でなによりでした。

ゆんちゃん、なっちゃんも
その血を受け継いでいるので
気を付けてあげてくださいませね。
受け継いでるので(2回目)

ホントにホントに無事で良かったです。

子どもって、骨とか柔らかくって、怪我しにくいんだよね。
ワタシは、3歳の時、2階の屋根から、家の下の崖の下の溝の中まで落ちた
(正確には『すっぱまーん』と、飛び降りた。←樋で止まるはずだった。)
けど、生きてる!!!(2週間くらい意識不明だったらしいけど、外傷無し!)
子どもって、ホント何するか分からないから、要注意ですね!

●YUKIさん

ほんと、大きなケガがなくて良かった。

>落ちた後は母が優しくて、お菓子をくれたこと(笑)

やっぱり子供って
そういうことは覚えているんですよね。


>起きてる私は、義母や義父に挟まれて
>それはそれは落ち着かないです。

どんなに仲が良くても落ち着かないですよね。
うん、昼寝しないようにしよう。そうしよう。
めったにしない肉体労働を手伝うので
どうしようもなく眠くなってたりします。
むむむ、がんばろう。


●るどさん

あーさん、「面白かったから、また行こうね」とか言ってます(笑)
会話はね、別に夫婦に限ったことじゃなくて
友達でも、親でも、兄弟でもね
「○○のつもり」でいることが多いので
たまにきちんと会話することが必要だと思います。


●ひなたさん

まだまだ、嫁に対して至らない部分が多いので
自分でもなんとかしたいなぁと考えながら
結局甘えてる部分が多いのです。お恥ずかしながら。
こういうのをひとつひとつ乗り越えていけるように
きちんと会話していこうと思います。

あーさん無事でよかった。
子供はいつなにをするか予測がつかないものね。

自分の実家へ行って、その時はダメだったにしても
こういう風に奥様へ配慮が出来るなんてえらいよ。

その気持ち伝えてもらえるだけで少しでも疲れが取れると思うよ。

熱がでたり、階段から落ちたり
あーさんは散々でしたね
でも一緒に帰省できなかったら
本人も周りも寂しかったでしょうから、
無事行って帰れたことはよかったね★

るども昔、実家の一階の窓から外に落ちたり
トラックの荷台から落ちたり(これは姉妹全員 ぇ)
頭怪我したりしたみたい テレ
あーさんに怪我がなくてほんとよかった

きちんと話し合いのできる夫婦、素敵や
しのめんさんもお疲れを残さないよう、
家族みんなでゆっくりお過ごしくださいな

あーさん、大きな怪我しなくってよかったですね。
私も小さい頃はしょっちゅう階段の上から落ちてました。
今みたいに落下防止の柵もなかったですし。
でも、大丈夫でした。
記憶にあるのは、落ちてる最中は何故か目の前にお腹があって
首が痛かったことwww
落ちた後は母が優しくて、お菓子をくれたこと(笑)
本当に体が柔らかかったんだな~今なんて・・・

私の旦那は優しい人ですけど、旦那の実家に帰ると必ず
2時間ぐらい昼寝をしてしまいます。
起きてる私は、義母や義父に挟まれて
それはそれは落ち着かないです。

大変な時、嫁としてもどこまで甘えて助けてもらおうかと
考えてしまうものです。
話し合いは本当に大事だと私も思います。
出来るだけ長く、仲良し夫婦でいたいもんね。
  • 2008.02.26[火]
  • YUKI

FC2Ad

  [D]esigned by 218*
Copyright c POSITISM All Rights Reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。