POSITISM

適度に適当に。

09« 2017.10 »11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

スポンサーサイト


スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

また逢えるまで。 - 第三話 -


ハコニワノベル

 家に帰っても鈴ちゃんの悲しそうな表情が脳裏に焼き付いて、食事も上の空、お風呂ものぼせるまで入ってしまった。母さんから「初日で疲れてるんだから、早く寝なさい。」と言われそのまま眠った。



「忘れちゃったんだ・・・」

 夢の中でそう聞こえて目が覚めてしまった。時計は午前0時を指している。その後もなんだか寝付けなくて、ずっと鈴ちゃんのことが気になった。どうやら僕は今でも鈴ちゃんのことが好きみたいだ。
 それにしてもあの高校最後の夏休み、海に行ったあの日に何があったんだろう。確か「男だけで行くからお前も行こうぜ。」とか誘われて行ってみたら、実は女子のグループと合同で僕は人数あわせで呼ばれたんだ。だから最初はバカバカしくなって帰ろうと思っていた。そしたら鈴ちゃんが来たんだっけ。あとは電車とバスを併用して海に行って、泳いだり砂に埋められたりして、夜は花火ではしゃいだ。それぐらいだったと思う。

「んー、何度思い出してみてもあの時というのが解らない。あーもー!僕は何をしたんだ?鈴ちゃんと何があったんだっけ?なーツイテル、教えてくれない?」

 相変わらず無表情で水槽の底にいるツイテルに聞いてみたところで答えてくれるはずはなかった。だけど深夜でテンションが上がっていた僕はツイテルの水槽の前に立つと「教えて!ツイテル様!」だとか叫んでいた。

「お願いだよ!鈴ちゃんに嫌われたくないんだよ。頼むよー。」

「あぁ、なんとか過去に戻れないかなぁ。そしたらあの日のこと絶対に忘れないようにするのに。」

「なぁ、ツイテル。僕を過去に連れて行って!」

「んーー、アダブラカタブラ、タイムスリーップ!」

「これじゃ、ダメなのか!?んー、じゃぁ・・・よしっ!」

 僕はツイテルの身体を表すように両手の人差し指を立ててくっつけて、それを頭上へ突き出しながら叫んだ。

「ツイテル、テルテル、ツインテール!」

 むなしく響く叫び。ふと窓に映る自分の姿が情けなくなって素になった。「そりゃ無理だよなー。」と呟いたそのときだった。

「未来に行きまショ、テールテル♪」

「過去に戻りまショ、ツインツイン♪」

 驚いて声の方を見ると壁際に派手な服を着た二人組みがいた。どうやらピエロのようだ。二人とも壁の方を向いている。

「あれ?向き間違っちゃった?」

「あれあれ?向き間違っちゃったねー。」

「ワタシの名前は、な・つ・め♪」

「ワタシの名前は、ち・こ♪」

 ヘンテコな歌で自己紹介をしながら二人組みが振り向いた。どうやら青いピエロが「なつめ」、赤いピエロが「ちこ」というらしい。いや、それよりもどこから入ってきたんだ?何者?状況が掴めないまま、僕は呆然と二人のピエロを見ている。

『ワタシたち、双子なんだよー!』

 二人で手をとって踊りながら同時に言ってきた。どうやら女の子のピエロみたいだ。楽しそうに踊っている。

「えーっと、何からつっこんでいいのか・・・」

「つっこむの?」

「つっこむのー?」

「えっとね、君たちは誰?」

「ワタシの名前は、な・つ・め♪」

「ワタシの名前は、ち・こ♪」

「よし、そうじゃない。名前は解ったから。」

「名前を覚えられたー!どうしよう?」

「名前を覚えられたねー?どうする?」

「覚えたらダメなのか!ってそこじゃなくて・・・その、君たちは何者なの?」

「ワタシたちは、時間のピエロさ♪」

「ワタシたちはー、時間のピエロー♪」

「時間のピエロ??」

「時間を司る神様なのだ。」

「なのだー。」

「・・・えっと、君たちはどうやってここに来たのかな?」

「あれ?信じてないね?」

「あれあれ?信じてないねー?」

『ワタシたちは、時計うなぎに呼ばれてやってきたんだよー♪』

「時計うなぎ?」

 相変わらず水槽の底にいるツイテルに目をやった。別に普段と変わりはない。視線を戻すと二人の姿はなく、変わりにベッドで飛び跳ねていた。

「ベッドだー♪」

「ベッドだねー♪」

「あの、あのさ、よく解らないんだけど!」

「ワタシも解らなーい♪」

「ワタシも解らないよー♪」

「で、結局のところ君たちは何をしにやってきたの?」

「未来に行きまショ、テールテル♪」

「過去に戻りまショ、ツインツイン♪」

『過去にも未来にも連れてってあげるー♪』

「えっ!?」



≪第二話へ
第四話へ≫

COMMENT

●まろんさん

予想外でなによりです。
書いてる側にとっては嬉しい感想!w

しかし、時間軸を自由に出来ると
いろんな制約がなくなるので便利は便利なんですけど
そういうなんでもあり状態にせずに物語を作ってみたいもんです。
はい。


●黒さん

よし!キーワード頂いた方の予想を裏切らないと。
さて、終わり方をどうしたもんやら・・・w


●るどさん

>いい意味で裏切られてるなぁww

ありがたい感想です!
あざーす!


●ariesさん

その「ぎゃー」が良い意味だといいなぁ。
さて、どうなりますやら、お楽しみに。

ぎゃーw

うおー、タイムスリップだw
いい意味で裏切られてるなぁww

まったく予想せんかった展開だ!w

先がますます楽しみになってきましたよ!w
  • 2008.01.11[金]

予想GUYの展開ですw

FC2Ad

  [D]esigned by 218*
Copyright c POSITISM All Rights Reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。