POSITISM

適度に適当に。

09« 2017.10 »11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

スポンサーサイト


スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

父が好き


エッセイ

乳も好きですが今回は父の話。
(いや、多分ここで乳の話しはしないけども)

私は父の事が好きです。

男として、人として、親として。

もうね、尊敬してる訳ですよ。






小学生の頃、授業参観が午後からの授業の時は

息子よりも早い時間に学校にいて

1人だけ全授業が参観となった。



その日は父も給食を食べた。(なぜだ)






またまた小学生の時

釣りの仕掛けを作っていると

不注意から左手中指に釣り針が刺さってめり込んだ。


魚がかかった時に針から外れないよう”返し”がある為

どんなに外そうと引っ張ってみても激痛が走るだけで外れない。

その時、母がすでに出勤してしまった父に連絡。

父、自転車でベルをリズミカルに鳴らしながら登場。



しばらく釣り針の刺さった指を眺めると

ふいに名前を呼ばれる。



返事をしながら顔を見上げると



思いっきり殴られた。(平手だったけど)



次の瞬間、私の指から釣り針は外された。

だが落ち着いて聞いて欲しい。

私は頬と指先、両方が死ぬほど痛かった事を。






これまた小学生の時

友達との下校中に

いきなり救急車が横付けしてきた。

運転してたのは父だった。

そしてこう言う。



父「会議に遅れそうだから急いで行くわ。」



急にサイレンを鳴らして走り去っていった。

もちろん父以外に乗っている人はいない。

友達は言った



友達「かっこいいー!」



私も言った



私「だろ?」(なにがだ)






私が中学生の時

飲み会の後、泥酔したまま自転車に乗り

家に到着した時は泥まみれでズボンは擦り切れていた。

そしてこう言う。



父「わしは、どうやって帰ってきた?」



こちらが聞きたかった。






私が高校生の頃

あれは暑い夏の日だった。

自分の部屋にクーラーが無いので

夜間、クーラーをタイマーで稼動させている居間へ涼みに行くと

父と母が、こう、盛り上がっていた。

まぁ、普段から声とか丸聞こえだったので

ショックは小さかったと思う。







そんな父だが

初めて遊びに来た友達にも

気さくに話しかけ、どんな時でも



父「またおいでませ」



と言う。

ふざけているようで押さえる所をきちんと押さえている。

小・中・高と友達には



「お前のお父さん良いなぁ。」
「最高だなぁ。」
「羨ましい。」




と言う言葉を沢山もらった。

そんな父が自慢だ。

そんな父を尊敬している。



息子の運動会のビデオに

息子よりも多く、長く映ってるのも素敵だ。


ある時、「プロジェクトX」に出演したが

それが足元だけだったのも素敵だ。

しかもゴム長だった。

息子は思った



私(これ、誰でも良かったんじゃね?)



でも言わずにいたら



父「どうだった?かっこ良かっただろー?」


と自慢げに言われた。

言わなくて良かった。






何も返せていないけれど

信じてくれる父は大きくて素敵だ。






だけど






小2の時、店内で



父「カラスが飛んでる!」



と指を指し

そちらを確認している間に

私のメロンシェイクを全部飲み干した事は

一生忘れない。(ほんとどうでもいい)


だけども、こんな父のような父親になりたいのです。

テーマ:育児日記
ジャンル:育児

COMMENT

●マッハさん

素敵でしょ?
ほんとそんな面白要素全部込みで
尊敬してるのです。
仕事は以前レントゲン技師だった事があって
身体への影響を考えて転職。
転職した会社には工場があって
緊急時に救急車を保有してる訳です。

で、レントゲン技師だった事もあり
救急車が運転できるんです。
(ただし、社内保有の救急車です。)

あと、釣り針の時一番痛かったのは私です。


●みちょえさん

大きいですよ。
何も言わずに2時間ぐらい行方を眩ませたと思ったら
大量のたけのこを背負って戻ってきたりしますから。

あと、どこかでちょろちょろ書いたような気もします。


●サイコさん

スゲーよ、父。
やっぱりね、子供がいつかあぁなりたい!と思えるような
親になりたいのです。いっちょ頑張るぞー!


●あやさん

素敵ですよー。自慢の父ですから。(変なとこ込みで)
無理に素直になる必要性は無いですが
言えるうちに言える事、伝えられる事は伝えておきましょう。
「ありがとう」って魔法の言葉ですからね。


●ぽこりんさん

素敵なのです。うん。
ぽこりんさんのお父様も素敵ですねw
で、貰えたんですか?お年玉w


●ずまさん

すごいのよ、父。
平手打ちは、理由を聞いたら
頬が痛い!と思っているうちに針が外れてアラ不思議!
って言うのを狙ったらしいんですけど
両方痛かったです。
救急車については社内保有の救急車を
過去の経歴から運転する事があった為です。
(会議に間に合わないからってサイレン鳴らしたらダメですけど)


●ゆりちん。さん

出かけてあげて下さいね。
父親にとってそれはとっても喜ばしい事なのですよ。うん。

えっと、ゆりちん。さんからイメージするとなると
お父様は【あっちの紳士】ですね!(どんなだ)

私もお父さんが好き…かなぁ?
今でも2人きりで出掛けれます。

このお父さんにも伝説はあるんですが、
私から想像してもらえればだいたいわかるカモ?
まぁ1つのイメージしか浮かばんと思うけど(笑

すげー親父スゲー!!

平手打ちの意味と救急車をなぜ運転してたのかが
さっぱり判らんけどいいなぁwww

素敵ですね~。
私の父はどちらかといえば天然系。
昭和から平成に元号が変わったニュースをきいて
「じゃあ、また年玉やらなあかんのか??」
と叫んだというエピソードぐらいかなあ。笑えるのは。

素敵なお父様です。
(ちょっと笑いすぎて腹筋が痛い)
でもお父様が好きと言えるしのめんさんは素敵です。
私はまだまだ素直になれないなー…

スゲーな、父。
ウチ父も、ある意味凄いよん☆
だけど、もっと凄いのはウチ母。
アタシもウチ母のようになりたいわん。

豪快だなぁ。
大きいなぁ。

いいお父さんだね。

読んだことあるよような気が

お父さま、ステキすぎます。
読みながらシビれてしまいました。(腹筋が@笑いすぎ)
お父さまは救急隊員だったのですか?
それとも救急車が自家用車?
それにしても釣り針のくだりは痛かった。

FC2Ad

  [D]esigned by 218*
Copyright c POSITISM All Rights Reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。