POSITISM

適度に適当に。

07« 2017.08 »09
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

スポンサーサイト


スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【手紙】ありがとう


エッセイ

もう3年も前になってしまいました。
あれからお変わりありませんか?
私は元気に過ごしています。


思い出します、保育園の時
仕事帰りに車で迎えに来てくれて
私が帽子を忘れていたのでカバンだけ車に乗せて
ドアを閉めると半ドアのまま走り去りましたよね。
子供心に「捨てられた!!!」なんて思いました。


思い出します、小学生の時
熱が40度を越えているのに

「あんたなら大丈夫でしょ!」

と見送ってくれました。
頑張りましたよ、必死に歩いて歩いて
学校に到着した瞬間に気が緩み昇降口で倒れました。
しばらくしてから自転車で迎えに来て

「無理だったら無理って言いなさい!」

と叱ってくれましたね。


思い出します、中学生の時
私の部屋でアダルト雑誌を発見して
家族会議でテーマにしましたね。
結局その後は勝手に部屋の掃除する時は
きちんと発行年月で綺麗に整頓してくれましたね。


思い出します高校生の時
無期停学処分を受けた私を
信じて支えてくれましたね。
あの3週間が今でも私を支えています。


思い出します、大阪に出た時
何の用事もないのに毎日毎日電話してきましたね。
あの電話に怒ってしまってごめんなさい。


思い出します、彼女が出来た時
電話している隣に彼女がいました。
替わろうとしたけど拒まれました。
今思えば無理矢理でも替われば良かったです。

思い出します、2002/2/16の0時過ぎの時
眠りに落ちた瞬間の電話。
頭の中で整理しきれない状態。

自分のわがままで正月に帰省しなかった事
どうしても抜けられない講義があってすぐに帰省できなかった事
沢山の事を後悔しながらの慌てた帰省。

病院。ベッド。変わり果てた姿。
ゾッとしました。だけど自惚れていた私は
”絶対大丈夫”そう信じていました。
いや、現実から目を離したのかもしれません。

深夜、意識が戻ったとの連絡。
駆け寄った時の言葉が今でも忘れられません。


「あんた学校は?」

「私はいいから学校に行きなさい!」


きちんと4年間、無遅刻無欠席で
無事に卒業したから安心してください。


思い出します、3年前の今日の事
銀行やその他もろもろの手続きで父はいませんでした。
なんとも言えない器具の警戒ブザー音。
家族会議で決まっていたけれど、せめて父が戻るまでと
あなたをこちらに繋ぎとめました。
運命はきっとあるんだと思います。父はきちんと間に合いましたよね。
病室に入ってすぐにあなたの手を力強く握り締めましたよ。
私は駆け寄ることも出来ませんでした。
でも父はお医者さんや看護婦さんをかき分けて
あなたの手を握ったんです。
私はその姿を後ろから見ることしか出来ませんでした。
父の向かい側に姉がいましたよ。みんな揃いました。
親族の方が駆けつけ病室の扉を開けられた瞬間に
ドラマでしか聞いたことのない無常な機会音が木霊しました。
今でもあの音だけは忘れることは出来てません。

あの音が鳴り響いた時
父はあなたを見つめて手を握ってました。
姉も反対の手を握ってました。
私は少し離れたところであなたに頭を下げてました。
お医者さんや看護婦さんに対してそうしたのか
あなたに謝ったのかお礼を言ったのか・・・
何を思ってそうしたのか未だに解りません。

親族の方が私を抱きしめました。
涙が出せなかったからです。

「ここで泣きなさい!泣いておきなさい!」

そういう事を言われたと思います。
悲しいのか悔しいのか解らないままに
私は沢山の涙を流したと思います。
ほとぼりが冷めるころに
私はやっとあなたの側に行けました。

それから私は泣けなくて
出棺の時に泣いたりもしたけれど
悲しみの感情が欠如したようになっていました。
今でも”悲しい”とは思えない自分がいます。
なぜかは解りません。



あれから3年。
電話に替わらなかった彼女と私は結婚しましたよ。
あなたの孫も生まれました。
たまにあなたに良く似た表情をしてます。
まだ娘が寝返りも何も出来ない頃
私は不思議な夢を見ました。

あなたが綺麗な赤いフリル付きのドレスを着て
ピンク色の花束を持って玄関から入ってきて
娘に花束を渡しているんです。

きっと本当に来てくれたんでしょうね。
初孫の顔はどうでしたか?
子供が大好物なあなたなら奪ってしまうほど溺愛したでしょう。
そんな姿が見られないのは残念で仕方が無いです。
たまにはまた来て、孫娘の顔を見てください。


そんな私は少し成長出来たでしょうか?
あなたの自慢の息子になっていますか?
なれていても、なれていなくても
日々活き活きと過ごしていこうと思います。

今までと、そしてこれからに
「ありがとう。」


母へ。


息子より。

+--------------------------------------------------------+

COMMENT

●クッキーさん

どもども、いらっしゃいませ。
この後も頻繁に来てた雰囲気を感じたりしたもんです。
今もたまに来てくれてると思います。

自分で「こうなりたい」という意思があるのならば
きっとなれるはずですのでね、何気ないとこから
「ありがとう。」言ってみて下さいませませ。

オレンジさんのトコからお邪魔させていただきましたっ゚・:,。*:..。o○☆

きっとお母さんいらっしゃってると思いますョ(σ′∀`*)p
しのめんさんのょぉに『ありがとぅ』といえる大人になりたぃです゚・:,。゚・:,。★゚・:,。゚・:,。☆

FC2Ad

  [D]esigned by 218*
Copyright c POSITISM All Rights Reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。